冷蔵庫と冷凍庫の機能

冷蔵庫と冷凍庫の機能について

どの家庭にも冷蔵庫と冷凍庫

どの家庭にもある冷蔵庫は冷凍庫と一体になっています。家電である冷蔵庫の基本的な温度は5℃くらいがちょうど良い温度です。牛乳や豆腐、卵などを一定の温度で保管すれば品質が長持ちします。効率よく保管するには、詰め込みすぎないようにし、空気の循環を良くすることです。冷凍庫は単体で、-15℃くらいで肉、魚、冷凍食品などを長期保存します。家庭用でも-40℃~-60℃くらいまで対応できるものがあります。冷凍して固まった食品同士は冷やしあってくれるので、こちらの場合はピッタリと詰め込んだ方が効率的です。家電もその特徴を知り、正しく使用すれば商品も長持ちし、節電にもなります。

最近の冷蔵庫の特徴的な性能

家電量販店で電化製品を購入する際に、ひときわ目を引くのが冷蔵庫です。もともとの大きさが大きいということもありますが、最近では様々な機能を搭載していることが多く、進歩が早いので量販店でも販売しやすいため、大きく広告されています。最近の冷蔵庫のに求められていることは少し前までとは違います。今まではほかの家電と同じく、内部の消臭や除菌、エコ機能などの性能を求められていましたが、最近ではそれも差がつかなくなってきたこともあって、容量に目が向けられているのです。いかに小さいサイズで大きなものを冷蔵できるかという部分が性能の差を分けることになったのです。

↑PAGE TOP